190523

鼻毛カッター / PANASONIC ER-GN10-K TOOLS

IMG_9581.jpg
パナソニックの鼻毛カッターである。

「エチケットカッター」なる呼称のようだが、鼻毛を刈るお道具であることにかわりはない。

これが、なかなか優秀なお道具なのである。

more..... "鼻毛カッター / PANASONIC ER-GN10-K"

Posted by 秋山東一 @ 09:47 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190522

MAXI & ETS MODEL RAILROAD

MAXI-54406_0.jpg
ARR の最初の20号機関車、MAXI 54406ETS の一番小さい蒸気機関車 129 を同スケールの写真とネットの画像とを比較してみた。

同じ 0-4-0 の機関車だが、1番ゲージのスケール1/32と、Oゲージのスケール1/45では大いに違う。

more..... "MAXI & ETS"

Posted by 秋山東一 @ 09:51 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190521

ETS / Electric Train Systems MODEL RAILROAD

ETS_0.jpglink

ARR は全て Märklin MAXI ブランドの鉄道車両で構成されている。

MAXI はメルクリンが1900年代初頭の金属製鉄道玩具を現代によみがえらせ、高級な1番ゲージを誰でもお手が届くものとしようとしたものだ。
又、米国で流行り始めた屋外鉄道Gゲージにも対抗させよう(まぁ。これはGゲージの雄 LGB を自社の傘下に収めるという形で実現させた)という意図の元に始めたものなのだ。

その MAXI の機関車の裏側には Made in Czech Rep. なる表示がある。

それは、メルクリンの下請けとして MAXI を製作していたのは、このチェコはプラハの ETS だと云われている。

more..... "ETS / Electric Train Systems"

Posted by 秋山東一 @ 17:30 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190518

ロスト・シング / The Lost thing BOOKS

4309273300.jpg


ロスト・シング / The Lost thing



著者: ショーン・タン Shaun Tan
訳者: 岸本佐知子

ISBN: 978-4309273303
出版: 河出書房新社

価格: 1,728-円(税込)

例の展覧会「ショーン・タンの世界展」以来、ショーン・タンについていろいろ探索している。

アライバル」で彼を知った時、欲しいと思っていた絵本を数冊……、今頃になって手に入れることになった。

その一冊がこれ、絵本というよりもバンド・デシネ (bande dessinée) の方が適当かな。

more..... "ロスト・シング / The Lost thing"

Posted by 秋山東一 @ 07:58 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190516

ショーン・タンの世界 BOOKS , Event

ちひろ美術館・東京での「ショーン・タンの世界展」には、図録もあった。……というわけで。ちひろ美術館のミュージアムショップでゲットしたのだ。

IMG_9560.jpg



ショーン・タンの世界
  どこでもないどこかへ


著者: ショーン・タン Shaun Tan



ISBN: 978-4763019080


出版: 求龍堂

定価: 2,700-円 (税込)


more..... "ショーン・タンの世界"

Posted by 秋山東一 @ 23:26 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190514

ショーン・タンの世界展 Art/Design , BOOKS , Event

SHAUN-TAN_Chihiro_0.jpg5月13日午後、西武線新宿線上井草駅に……、初めて「ちひろ美術館・東京」に出かけた。

11日から始った「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこか〜」のオープニング・レセプションの招待状をいただいたのだ。

ショーン・タン Shaun Tan はオーストラリアの作家、2006年に絵本「アライバル」で、一躍、世界的に有名になった。

このブログ aki's STOCKTAKING で2011年にエントリーしている。
 ● aki's STOCKTAKING: アライバル / The ARRIVAL

その彼の全てを網羅したのが今回の展覧会となったのだ。

「ちひろ美術館・東京」のこじんまりとした住宅のように居心地のいい空間の中に、ショーン・タンの世界が拡がったすてきな展覧会であった。

会期は7月28日まで、善は急げ……。


追記 190517

この展覧会は、その後、京都にうつる。美術館「えき」KYOTO,、9月21日から10月1日。

その後2年間にわたって、日本全国巡回予定だそうだ。




Posted by 秋山東一 @ 21:58 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190511

Electric Locomotive / manual MODEL RAILROAD

E69-manual_0.jpg
Märklin 54202 に付属していたマニュアルだ。

このドイツはバイエルンの凸電は、3種類あり、それらに共通しているマニュアルだ。

54201 LAG Lok 2         
54102 Deutsche Bundesbahn 69 02
54202 Deutsche Reichsbahn 69 02

more..... "Electric Locomotive / manual"

Posted by 秋山東一 @ 12:47 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190510

Märklin 54202 / E69 02 MODEL RAILROAD

L1061441.jpg
Aki RAILROAD こと ARR の支線 GANI branch に新しい機関車が導入された。

それも小さな、いかにも軽便っぽい電気機関車 E69 02 だ。

いわゆる「凸電」と云われるものだが、実際にバイエルン地方のローカル鉄道で活躍していたものだ。

MAXi には塗色の違いで3種類あり、これは2004年に販売された最後のもの、一番レアじゃないかな……。

グレーがかったオリーブドラブ色という感じで、何か軍用色……、それにドイツ国章までついているという危ない感じだが……、なかなかの存在感なのだ。

more..... "Märklin 54202 / E69 02 "

Posted by 秋山東一 @ 21:05 | Comments (0) | TrackBack (0)

 190509

TROIKA / micro CONSTRUCTION Stationery

IMG_9531.jpg米国ロス在の二男Yoh からの頂きもの……、ロサンゼルス現代美術館(通称MOCA)のミュージアムショップで手に入れたものとのこと。

ちょっと前の……、TROIKA / CONSTRUCTION の小型判なのだ。

キイリングを除くと90mm弱という大きさだ。

more..... "TROIKA / micro CONSTRUCTION"

Posted by 秋山東一 @ 09:32 | Comments (2) | TrackBack (0)

 190507

「木の住まい」をデザインする/三澤泰彦の仕事 Architecture , BOOKS

IMG_9528-1.jpgこの連休中にお会いした真鍋弘編集長 (……元) より、出来たばかりの書籍をいただいた。

一昨年の5月5日に急逝された三澤泰彦氏の仕事を集成した『「木の住まい」をデザインする/三澤泰彦の仕事』だ。実に簡明にしてコンパクトに氏の仕事、氏の意思を伝えるものとなっている。

氏とは直接のお付合いはなかったが、OMソーラーを通じて知りあい、フォルクスC等々、木造住宅システムの構築で大いに注目していた。

その彼が、志半ばにして急逝されるとは……、残念なことであった。
彼の同志ともいうべき夫人・三澤文子氏が編集長に依頼して本書の刊行となったとのこと、多くの方々に手にとっていただきたい一冊である。

「木の住まい」をデザインする/三澤康彦の仕事


Posted by 秋山東一 @ 13:07 | Comments (2) | TrackBack (0)