180918

JTBの鉄道旅地図 BOOKS , Map , TRANSPORT

IMG_8901.jpgamazon

なんだか……鉄道の話題ばかりだなぁ。

・ ・ ・ ・ ・
正縮尺の鉄道地図となれば、新潮社の「日本鉄道旅行地図帳」がある。

判型は小さいのだが、日本全国で12分冊もあるから、全部を持ち歩くわけにはいかない。でも、旅行先で他の地域の鉄道も知りたくなるのが常……なのだ。

というわけで、全国一冊の鉄道地図が欲しいと思っていたのだ。

判型はA4、65頁、価格1,058-円(税込)、2018年8月……出たばかりというのも、結構である。

まぁ、鉄道車両の諸々、観光スポット、車窓のあれこれ……これ一冊で、情報満載なのだ。

・ ・ ・ ・ ・
amazon にはKindle版がある。これも便利そうだな。


Posted by 秋山東一 @ 21:48 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180917

Classic Steam Locomotives of New Zealand BOOKS , TRANSPORT

IMG_8897.jpg藝大同期の青木シンさんから荷物が届いた。

開けてみれば、これ……、鉄道本、蒸気機関車のイラスト本なのだ。

絵葉書が一枚添えられており、そこには小さな字で、よく行く自由が丘の古書店で手に入れられたとのこと、これは君が所持している方が相応しかろう……とのこでお送りいただいたようなのだ。

ありがとうございます。

年代を追ってのクラシックな蒸気機関車の立面図、シンさん曰く「女性的な……」、Eric Heath 氏による美しいイラストレーション……、実に優雅な姿形なのだ。

蒸気機関車の本は数多あるのだが、書名の最後の一句 of New Zealand が俄然面白いのだ。

more..... "Classic Steam Locomotives of New Zealand"

Posted by 秋山東一 @ 21:52 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180914

CAFÉ ROYAL / LUNGO etc.

IMG_8883.jpgコーヒーは NESPRESSO ネスプレッソである。

まぁ、これもプリンターのインク・ビジネスと同じで、本体自体は低価格で販売して消耗品で儲ける……、という仕掛けだ。

そうなると、互換性のある消耗品の登場……、互換カプセルを探してみた。

・ ・ ・ ・ ・
このカフェロイアルはスイス製とか……、amazon で購入すれば、カプセル33発入りの箱が3箱……99発で3,980-円、一発40-円、正規品の半分というところなのだ。

コーヒーの味にうるさくない、余りに種類が多くて困惑し、あの細長いパッケージが気にくわなかった人には……、これでいいのだ。


[ lungo(ルンゴ)33カプセル入×3 ] Cafe Royal(カフェロイヤル)ネスプレッソ互換カプセル buy-from-tan.gif


Posted by 秋山東一 @ 09:06 | Comments (2) | TrackBack (0)

 180912

スリー・ビルボード Cinema

4427894_0.jpglink

遅ればせながら、レンタルして「スリー・ビルボード」を見た。

アカデミー賞を「シェイプ・オブ・ウォーター」と争った映画だが、これ又、面白かった。

実に良く出来た映画……なのだ。

原題は Three Billboards Outside Ebbing, Missouri だ。

Ebbing は架空の町の名前だが、ミズーリ……、そこが問題、そこを町山から教わった。


Posted by 秋山東一 @ 08:14 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180911

aki's STOCKTAKING / off line / AGAIN Event , MODEL RAILROAD

offline_again_0.jpg町田市鶴川の可喜庵、「可喜暮らし」と題する連続講演企画の第四期「ありものいかしの旅」の3回目、12月8日の回は「aki's STOCKTAKING / off line / AGAIN ー玩具、そして建築」」だ。

「玩具、そして建築」と題するレクチャーで、建築論、玩具論を語るつもりだ。
しかし、メインは実演というか……、aki's RAILROAD の運転なのだ。

もう三ヶ月後……、ということで、可喜庵が告知用の葉書を作ってくれた。

more..... "aki's STOCKTAKING / off line / AGAIN"

Posted by 秋山東一 @ 05:14 | Comments (2) | TrackBack (0)

 180909

御殿場線ものがたり BOOKS , MODEL RAILROAD , TRANSPORT

IMG_8877.jpg旧国鉄の蒸気機関車C53をこんな真正面から、運転士が体を乗り出している姿まで……、これはとても鉄道を愛している人じゃなければ描けない情景だ。

この絵本を見つけたのは、黒岩保美(くろいわやすよし)なる人物……、今、新橋の旧新橋停車場・鉄道歴史展示室でやっている展覧会「没後20年 工業デザイナー黒岩保美」で知って、検索してでてきたのだ。

しかし、既視感あり……、昔取っていた子供達用の福音館「たくさんのふしぎ」の一冊として手に取ったことがあったのだ。……1986年だそうだ。

その時、ずいぶんと高級な内容と思ったものだった。
その絵本がこんな立派な大判のハードカバーになって再び手にすることができた。

1934年丹那トンネル開通以前、東海道本線が御殿場を通っていた頃の姿、特急「つばめ号」の最後尾をC53が補機として推していた時代の話だ。


本書の出版社は復刊ドットコム、今の時代に紙の本として手に取れることを喜びたい。
●  御殿場線ものがたり 大型本 – 2015/12/12 buy-from-tan.gif


Posted by 秋山東一 @ 04:08 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180906

出入国記録開示請求 ABOUT , etc.

IMG_8871.jpgずいぶんと前だが、FB上で、旅する建築家 7sawa 氏が、ご自身の出入国記録をゲットしたという話を読んで、そんな事が出来るんだぁ……と知ったのだ。

遅ればせながら、私もやってみたのだ。

 ● 法務省:出入(帰)国記録に係る開示請求について

サイト内のPDFをダウンロードして印刷、開示請求書と別紙の二枚に記載例に準じて記載し、300-円の収入印紙を貼る。住民票、自動車運転免許証のコピー、返信先住所を記入し92-円切手を貼った封筒、それらを封書で法務省の所定の宛先に送ればいいのだ。

・ ・ ・ ・ ・

三週間あまりで、開示された記録がやってきた。

旅する建築家氏に比せば、はなはだ貧弱な記録だが……、やってきたのだ。

more..... "出入国記録開示請求"

Posted by 秋山東一 @ 16:01 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180905

Bayonet adapter ring / 14097 Camera

IMG_8838_1.jpgLEITZ General Catalogue ライツ社の総合カタログの136頁の M 用の小物類にこれがあった。

bayonet って銃剣のことなのだが、その装着機構を模したものをそう呼ぶのだ。

1953年にLEICA M3 登場、その時、レンズ交換をスクリュウ方式からバヨネット方式に変えたのだ。

その時、今までの交換レンズを新しい方式に適用させる為のアダプターを用意したのだ。

それは、今でも同じ品番で手に入れることができる……。早速ゲット……、スクリュウマウントの旧ライカレンズはないんだけど……。

more..... "Bayonet adapter ring / 14097"

Posted by 秋山東一 @ 09:17 | Comments (0) | TrackBack (0)

 180904

LEITZ General Catalogue BOOKS , Camera

IMG_8835.jpg私の父はこんなものまで持っていた。

LEICA と大きく表示された赤いビニールのバインダー、縦220mm横200mm厚さ30mmの大きさだ。

「父は全体のシステムを理解してから事をかまえる……人であった。」とライカのレンズ便覧のような本の紹介で書いたが、このバインダーこそ、彼の必要なものであったことがよく分かるのだ。

それは、LEICA ライカのというよりも、ライツ社の完全カタログなのだ。

more..... "LEITZ General Catalogue"

Posted by 秋山東一 @ 10:48 | Comments (2) | TrackBack (0)

 180902

後楽園・岡山城 Place

L1000509.jpg
29日午後、設計道場@岡山終了し岡山駅にて解散。しかし、まだ未知なる場所、岡山、倉敷……、というわけで、岡山駅前に泊まって翌30日探索に出かけることにした。

朝7時過ぎ、駅前から路面電車に乗って城下 (しろした) 、後楽園に向った。

写真は後楽園正門に向う鶴見橋上より、岡山城を見る。

more..... "後楽園・岡山城"

Posted by 秋山東一 @ 10:39 | Comments (0) | TrackBack (0)