200625

Hornby type Coupler

MODEL RAILROAD

IMG_1045.jpg
ARR GANI branch の車両の連結器はこの Hornby / Auto-Coupling-English type を採用している。

その上「……のレプリカ」と長ったらしい呼び方をしていたが、これからは Hornby type Coupler と呼ぶことにした。

まぁ、HORNBY は鉄道模型メーカーとして今もって存在しており、O gauge ならぬ、OO gauge(ダブルオーゲージ)の鉄道模型を製造販売している。

従って、Old Hornby type と言わねばならないかも……だが、Hornby type と呼ぶことにしよう。

IMG_1043.JPG


ARR GANI branch の構想は Märklin MAXI の車両の魅力で始めたのではない。最初に、Coupler 連結器ありきだったのだ。

これで、私にとって、あらまほしき鉄道が構成できる……という確信がなければできないし、やらない。

ARR 本線が戦後米国型の鉄道として成り立ったいるのは Kadee の連結器があったからなのだが、それと同じく Buffers and chain をうまく表現、機能する物が欲しいと考えたいたのだ。

Hornby 0 gauge については MECCANO の歴史としての知識はあり、その連結器についても知っていたのだが、それが手に入るとは思ってもいなかった。

Hornby 0 gauge のコレクターが車両をメンテナンスする為の部品として細々と製造販売されていた製品だが、eBay で発見してゲットしたのが、2018年暮れ、aki;s STOCKING off line again 終了直後だったが、昨年一年間、ARR GANI branch が 充実発展させてきた。

・ ・ ・ ・ ・
供給元が、スコットランドの Derek Strickland 氏の Progress Products から、仏国の Gabriel MOUILHADE 氏に変わったのを機に、Hornby type Coupler と呼ぶことにした。

IMG_1067.jpg


追記 200627

バッファー間隔55mm車両間隔40mmの矩形の空間、そこに連結器 Hornby type Coupler がある。

本物の Buffers and chain は形はあっても、模型鉄道としての形をとることは出来ない。

物の数も多いのだが、何かシャカシャカした感じが実物を感じさせる。

この形が、一つの解答なのだ。


Posted by 秋山東一 @ June 25, 2020 02:01 AM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?