170721

LEICA M-E + SUMMARON

Camera

L1061187.jpgLEICA M-E とSUMMARON-M 28mm がご対面、ついにその時がやってきた。

ズマロンのレンズ着脱用の表示が赤い小さな点……、分かり難いが、合わせて捻ればカチリといくのだ。

L1061189.jpg


そして、合体。

想像していた通り、昔ながらのレンジファインダーカメラに短小なレンズの組合わせ、好ましいなカメラの出来上がりだ。

M型ライカの祖である M3 誕生は1954年、フィルムカメラからデジタルカメラへと進化しても、今もって LEICA M は同じ風貌をしている。

この M-E がファインダー窓と距離計窓の中間にブライトフレーム用の受光窓を持っている最後の M であることも、正統感を醸し出しているのだ。

その後の M はLED照明によって受光窓なし……、何か間が抜けている。

そして、M3 誕生と同時期に生まれた SUMMARON 28mm の復刻版を付ければ、モダーンな古典的カメラ、……暗箱にレンズ、そのものなのだ。

Posted by 秋山東一 @ July 21, 2017 04:38 PM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?