160820

飛行士たちの話

BOOKS

IMG_6189.JPGあの「チョコレート工場の秘密」の作者・ロアルド・ダールの初期短編集「飛行士たちの話」だ。

彼は第二次世界大戦中、英国空軍の戦闘機パイロットとして従軍しており、その時の諸々が、この短編集の基となっているのだ。

原題は「Over to You: Ten Stories of Flyers and Flying」だ。

ズズぼけているのは永井淳訳の1981年版、そして、出たばかりの田口俊樹の「新訳版」だ。

先日、玉井さんご自身のブログ MyPlace2 に「卵をめぐる祖父の戦争」の作者・デイヴィッド・ベニオフについて書かれていたが、その翻訳者・田口俊樹についても言及されていたのに興味を持って、田口俊樹を検索してみたら、なーんだ、ロアルド・ダールの翻訳者でもあるのだ……。

そして、出たばかりの本書「飛行士たちの話・新訳版」を手にしたというわけだ。

4150712638.jpg


飛行士たちの話


著者: ロアルド ダール Roald Dahl
訳者: 田口俊樹

ISBN: 978-4150712631
出版: 早川書房

価格: 972-円(税込)


1981年の永井淳訳版の和田誠の表紙イラストに慣れていると、ちょっと違和感ありだが……、これはきっと、ロアルド・ダールの自伝的2冊の一、「単独飛行」と同じ世界に分類しちゃっている所為かもね……。

本書の題名は同じ「飛行士……」だが、各編の題名はちょっと違ったりしている。括弧内は永井淳訳版だ。


  目 次
 ある老人の死
  Death of an Old Old Man
 あるアフリカの物語 (アフリカの物語)
  An African Story
 ちょろい任務 (簡単な任務)
  A Piece of Cake
 マダム・ロゼット
  Madame Rosette
 カティーナ
  Katina
 昨日は美しかった
  Yesterday was Beautiful
 彼らに歳は取らせまい (彼らは年をとらない)
  They shall NotGrow Old
 猛犬に注意 (番犬に注意)
  Beware of the Dog
 このこと以外に (この子だけは)
  Only This
 あなたに似た人
  Someone Like You

  訳者あとがき


Posted by 秋山東一 @ August 20, 2016 03:21 PM | TrackBack (0)
Comments

玉井さん、どうもです。
短編苦手……、面白いですね。私も得意……ってわけじゃないけれど。
それなら……というわけじゃないけど、ダールの自伝はどうですか。子供時代の「少年」、学校出てからの「単独飛行」……、きっと、アフリカに渡って飛行士になって……の話は気に入ると思うなぁ。
http://landship.sub.jp/stocktaking/archives/000667.html
ベニオフの「25時」を1円で購入……、読み始めました。

Posted by: 秋山東一 @ August 28, 2016 02:59 PM

 ウィキペディアでダールを調べてみたら、彼の翻訳は田村隆一や柳瀬尚紀、永井淳のほかに開高健と、豪華な顔ぶれが訳してるんですね。
 しかもパトリシア・ニールと結婚していたとか、そのまえに彼女はゲーリー・クーパーと不倫関係にあって妊娠したが、クーパーの奥さんが離婚に応じなくて中絶したことがあるとか、そういう方面も華やかだったということを知りました。

 だからというわけではないけれど、この本も読んでみたくなりました。しかし、ぼくは短編というのはどちらかというと苦手です。何度も、新たに物語の世界に入って行かなきゃならないのが面倒で・・・

Posted by: 玉井一匡 @ August 28, 2016 02:14 PM
Post a comment









Remember personal info?