171201

EMD F7 / ATLANTIC COAST LINE / AB

MODEL RAILROAD

IMG_7578_1.jpg
いつも、模型鉄道の写真は正対する写真ばかりだったが、Facebook 上で「仰角、近接での写真……」というご要望があったので、こんな写真を撮ってみた。

EMD F7 / ATLANTIC COAST LINE の A-unitB-unit の重連の形だ。この写真で、今回の新参者 B-unit は A と一体になって初めて形になる……というのが分かる。

iPhone で……地面から1.8mの高さの写真って感じだ。

自画自賛だが、米国1950年代の流線型ディーゼル電気機関車の雰囲気がうまく撮れた……ように思う。

Facebook のコメントにこのように書いた。

「この物が本物のように見える、感じる……というのは、本物と同じように鉄板で出来ている所為かと思います。
どんなに精密に出来ていても、ダイキャストとか、素材がプラスチックでは感じられない……、本物にしか感じないものが、この玩具にはあるように思います。」

これは、これは模型、本物の形を模した物というよりも、これ自体が一つの本物であると……言えるように思える。


Posted by 秋山東一 @ December 1, 2017 11:55 PM | TrackBack (0)
Comments

大西さん、どうもです。
今もって、こんなので好きなのです。相変わらず、いろいろ理屈をこねておりますです。

Posted by: 秋山東一 @ December 4, 2017 11:14 PM

地上1.8m仰角の写真を観て、
イーストウッドの映画『ブロンコ・ビリー』列車強盗のシーン、型式はともかく
はしりよる 黄色の車両 に「オッー」とビックリした記憶が。
模型の話では、只 再現するのでなく、
「そのスケールの 表現の仕方がある」 とか聞いた事を覚えています。

Posted by: 大西 @ December 4, 2017 07:53 PM
Post a comment









Remember personal info?