170920

FileMaker Pro / cuboro / 2

TOYS

cuboro_FBp_30.jpgFileMaker Pro による cuboro のキューブ45種のデータベースを改良した。

50mm角のキューブは上中下の三層構造になっているのだが、その構造を三桁の数字で表そうと考えてみた。上は百の位、中は十の位、下は一の位……、各々に0から9の数字を振り分けてみた。

例えば、無地のベースとなるキューブNo.1は上中下とも何もないから000と表される。
直線路は1と表され、上中下とも1のNo.3は111となる。
No.4の上は十字路で、2,従って210となる。

キューブ45種の全てに三桁の数字が振り分けられた。

まぁ、右左等の差異のバリエーションを表すまでには至らないが、これで、各キューブの属性が明らかになった。

データベースとして、検索したり並び替えたりできるのは大いに便利だ。

cuboro_FBp_31.jpg


追記 170923

各パッケージ、standard から始って、sixpack……にいたるまで、12種のパッケージを構成しているキューブを見ていくと、全てにわたって違う機能を持ったキューブだということが分かった。重複してあるということは、あまりないのだ。

従って、どんどんキューブの種類が増えていくのだ。

結局、データベースに duo も入れたし、sixpack……の5種類も入れて、キューブの種類は77ということになった。

・ ・ ・ ・ ・

duo のキューブは三桁表記には、Dを使うことにした。0から9……数字の余裕はもうないのだ。


Posted by 秋山東一 @ September 20, 2017 07:22 PM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?