140720

MECCANO Outfit No.10 / restore

MECCANO , SELFBUILD/DIY

MECCANO_10_2.jpg昨年12月のある日、西方からやってきた MECCANO Outfit No.10 だが、その全てが収まっているキャビネットの修理が終った。

四つある引出しの一番下、4番目が壊れていたのを修理したのだ。

このキャビネット、MECCANO メカノの多種多様の部品類を収納する為、内部に仕切りがあり、四つとも異なる仕切りなのだ。

この4番目は長いアングルやプレートを治める為、対角線に4枚の仕切りがあるのだ。

MECCANO_10_3.jpgMECCANO メカノの部品部材はスティール製が大部分の為、結構な重量がある。修理を要した4番目は、きっと、中に部品を入れたまま床に落した……、そんなアクシデントで壊れてしまったのであろう。

当方にやってきた状態は素人細工の応急処置のような状態で、前板のみ残して引出し部分を全面的に作り直そうということになったのだ。

この工作の為の BOSCH / PMR 500 であり、トリマー・テーブルプッシュ・スティックであったのだ。

・ ・ ・ ・ ・

4番引出しの大きさは、幅570mm奥行355mm高さ53mm、仕切り板も底板 (4mm厚) の裏側からビス止めして強度を確保している。

やぁ、やっとこさ完成……、時間ばかりかかっているが実働時間は少々……、私にとっての工作は、完璧(なるべく)な道具立てと、完璧(なるべく)なイメージトレーニングが必要なのだ。

ここで教訓「途中、失敗しても大丈夫、その後、もっと失敗するから……」だ。


追記 140723

五つの引出し、側板の溝にロウソクの蝋を擦り着けてみた。
もちろん、滑りが良くなるのだが……、最近の人ってそんな事知っているのかしら……。


Posted by 秋山東一 @ July 20, 2014 11:12 PM
Comments