140319

Vitra Toolbox

Art/Design , Stationery , TOOLS

Vitra_Toolbox_0.jpg
上に延びたうすい板状の把手がスタイリッシュな箱、スイス Vitra社の製品、Toolbox 道具箱だ。

イスラエル出身の Arik Levy(アリック・レヴィ)なるデザイナーによるものだそうだが、なかなかの逸品だ。

これは Mauve grey なる赤みがかったグレイ色だが、Mustard, Warm Grey, Basic Dark, Brick と色数豊富……、渋い色合いで、みな欲しくなるというものだ。

Vitra_Toolbox_1.jpg


何の変哲もない……プラスチックの一体成形の箱、幅327mm x 奥行167mm x 高さ156mmの大きさだ。重さは590gだ。

成形の厚さは端部でも3mm以上、華奢な所は皆目無く頑丈そのものだ。

外側は梨子地だが、内側は光沢があるプラスチックなのだ。

Vitra_Toolbox_2.jpg


このデザインの肝は、プラスチック射出成形特有のヒケを出さない……ということにある。

内部の間仕切りが外の箱と完全に切り離されおり、大事な箱側部にヒケが出てこないようになっているのだ。

又、間仕切り自体もヒケが出ないように全ての部分がT字型になるのを避け、十字型で構成されているのだ。

Vitra_Toolbox_3.jpg


そして、これが底面……、そこには溝が切られているのだ。最初からヒケがデザインされているのだ。

実に優れたデザインなのだ……と、私は考える。

Posted by 秋山東一 @ March 19, 2014 01:09 AM
Comments

VOLKSA担当者Sさん、どうもです。
最初に見た時よりも、手にとった時の方が……感心しました。いいですよ。

Posted by: 秋山東一 @ March 20, 2014 03:28 PM

良い物には独特のオーラがありますね。

一目見て気に入りました。

Posted by: VOLKSA担当者S @ March 20, 2014 01:31 PM

kawa さん、どうもです。
父上の証言……、工業デザイナーとしての貴重なお話ですね。こいつは厚くて、重くて、その上、高いです。

Posted by: 秋山東一 @ March 20, 2014 04:14 AM

もう40年以上も昔の話です。プラスチックの引きは避けられないのは事実ですが、射出成型にかける時間の問題が大きいと親父が言ってました。だから日本のプラスチックはべこベコベコで情けないと怒っていました。

Posted by: kawa @ March 19, 2014 03:02 PM