080312

渋川、そして小諸

Place

3月11日午前、渋川・榛名山麓の森h@usの地鎮祭へ出かける。

自宅から日の出ICから圏央道、鶴ケ島JCTを経由して関越道に、駒寄PA (ETC通勤割引のため) で下りる。JR渋川駅で足利から来た佐賀井君をピックアップし、森h@usへ直行した。
すでに、森さんご夫妻、神主さん、工務店と全てそろい準備万端、ちょっと早めに式次第とあいなった。

天気は上々、春が来た........森h@us地鎮祭も目出度く終了、おめでとうございます。
終了後、ご夫妻と水沢うどんの大澤屋に出向き、ご馳走になってしまった。

新前橋駅に佐賀井君を送り、前橋ICから帰途につく............つもりだったが、ふと........思い立って、関越道から、軽井沢方向へ上信越自動車道へと向かった。

小諸は、私にとって一つの別の故郷といえるような場所だ。

芸大建築科卒業して、東孝光の元で設計の仕事を始めた時、初めての公共施設の仕事が小諸、小諸自動車教習所の仕事であったのだ。教習所の開設者である木島家が開設十周年を記念して教習所の施設を建設するというプロジェクトだったのだ。1970年の大阪万博を前にして世の中が忙しくなっていった時代であった。その担当者として小諸に親しくさせていただくようになったのだ。

時代は変わっても自動車教習所は健在、もうすぐ開設から五十周年ということになるそうだ。だ。その時の建物は未だに現役なのだ。

komoro_080311_1.jpg

ひさしぶりの小諸、NPO法人こもろ情報広場の会議等で来ていたのだが、何年かぶりの小諸だ。

その日、小諸も暖かい一日であった。春宵一刻値千金..........木島和郎さんと佐藤重さん、これから小諸市街、松籟で一献.........なのだ。


Posted by 秋山東一 @ March 12, 2008 01:22 AM
Comments

shin さん、どうもです。
あの頃は、こんなのが当り前だったような......気がします。地元に施工業者がいなくて困りました。

Posted by: 秋山東一 @ March 17, 2008 07:59 AM

AKiさん、しばらくです
この教習所50年前には見えませんね
構造的に随分頑張っているように拝謁致しましたが.....

Posted by: shin @ March 16, 2008 01:48 PM

木島さんの「峠プロジェクト」に関連するかも知れませんが
2008年 3月17日(月)の深夜つまり翌日午前2:45~翌日午前3:00(15分)の時間帯に熱中時間「廃道」が再々放送されます。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-03-17&ch=21&eid=25823

それとは別に中央道にも廃道になった区間があるのですね。
http://yamaiga.com/road/chuo/main.html

Posted by: iGa @ March 14, 2008 03:14 PM

yum 様

地鎮祭おめでとうございました。又、水沢うどんご馳走になり、ありがとうございました。
実は、小諸行は前々からの懸案だったのですが、余りにも天気がよくて.......でかけてしまいました。
昔は......よく(飲んだまま)帰ってきましたが、その日は泊って翌日帰ってきました。帰りは長野から松本に向かって、森林官の現場に寄ろうかなと思ったのですが、前日とは打って変った天気で、朝、まっすぐ関越に向かいました。
途中、「富岡製糸場を世界遺産に」という看板が気になって、再び方針変更し途中下車.....でも、昼前には帰還しました。

Posted by: 秋山東一 @ March 13, 2008 10:25 AM

akiさま

地鎮祭ありがとうございました。

しかし、小諸まで行ってしまったというのは、すごいですね。
となると、帰りは八ヶ岳の麓を回って中央高速ですか。

Posted by: yum @ March 13, 2008 09:54 AM