211003

秋山設計道場2021・9月@八ケ岳

BeV Standard

dojo21-9_1.jpg
「南上」は道場では当然の習慣となりつつある。

今回のエスキスは私のものだが、皆に説明の際の赤ペンのままのものである。

課題は、塩尻駅近くのブドウ果樹園に囲まれた250坪という敷地、木曽アルテック社の齋藤さんのご長男のご自宅、齋藤さんご夫妻も同居という……、二世代住宅というわけだ。

道場生諸君の今回提案は、1/200というスケールでのランドスケープデザインという視点を欠き、1/100を縮めただけのような提案……、あかんもののであった。


秋山設計道場2021・9月@八ケ岳は9月29, 30日開催、無事終了した。

今回、京都開催から急遽変更されたものだが、アイランドプロファイル石原信さんの協力で開催……、アイランドプロファイル八ケ岳ゲストハウスが懇親会、宿泊、課題制作場として開催会場として使われた。

信さんの発信で明らかなように、彼が構想する「八ケ岳建築学校」のプレ開催としての意味もあり、八ケ岳という場所の意味を十分に活かしたものとなった。29日の集合場所は今回の課題敷地である塩尻、バイク組を含めて道場生7名が終結した。

塩尻駅近くのブドウ果樹園に囲まれた250坪という敷地を視察、茅野に移動、ご当地出身である藤森照信ワールドを堪能、その後、アイランドプロファイル八ケ岳工場を視察、夕方からは石原シェフの差配で懇親会と相成ったのだ。

今回のアイランドプロファイル八ケ岳ゲストハウスでの開催は、合宿道場という趣で、いつもと違った面白さであったのだ。


Posted by 秋山東一 @ October 3, 2021 04:00 PM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?