181124

blue book / 18, 19頁

ABOUT , Architecture , BOOKS

blue-book-18-19_0.jpg
井端君の blue book の18,19頁には、二つのコラムが載っている、

「column 01 記憶」「column 02 一本の電話」だ。

「記憶」は彼の生まれ育った北海道岩内町の風景、トロッコ電車の風景だ。その凄まじいまでの光景を活写されているが、彼がそこに再び立ってみたい……、というそこに私もたってみたいと思う。

「一本の電話」は私との出会いを書いたものだ。

1973年春、東孝光事務所から独立、結婚し、渋谷区富ケ谷に自宅兼事務所を構え、スタッフを募集していた。確か、専門学校講師をしていたUe氏(「で、君はどうする?」に登場)の紹介があったと思う。

井端明男氏は私の事務所の最初のスタッフになったのだ。私が30才、井端君が23才の時だ。

彼がここに活写している六畳の事務所に3枚の製図板……、もう一人のスタッフ武田君の三人、彼がいた一年ちょいの濃密な時間を思い出している。

やぁ、大変だったけど、……すばらしい時間であった。

まぁ、オカッパ頭にヒゲ……、変な人……は事実なのだが、ビートルズカットと言われ最新の髪形だったし、古くは藤田嗣治で有名なスタイルであります。


追記 181125

このT定規は玉屋製のものだ。一度、井端氏の「週末の居間」に伺った際、壁に掛かっていたのを拝見……、彼もなつかしく思っているのを知った。
 ● aki's STOCKTAKING: 玉屋T定規


Posted by 秋山東一 @ November 24, 2018 08:51 AM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?