171106

秋山設計道場2017@豊田

BeV Standard

IMG_7346.jpg
「秋山設計道場2017」の第8回は9月26, 27日と愛知県豊田市の梅村工務店をホスト工務店として行われた。

梅村工務店梅村裕子氏を代表とする住宅の設計施工をする地域工務店、U-TASTE を標榜する女子力の強い工務店だ。

多くの工務店が、……STANDARD や ……STYLE を標榜するのと違って、……TASTE というところが独特なところだ。

その作例を見学、そのユニークな有様に大いに感心した。 

恒例の即日設計課題は、現況本社周辺、広大な自社所有地に「ショールームを兼ねたモデルハウス+事務所」を計画するという大きな課題であった。

dojo17-8_21.jpg


道場生の様々な提案の中で群を抜いて優れていたのはコスモホーム代表の鈴木岳紀氏の提案であった。

まず第一に優れたところは、全体、敷地全体に対する提案があるところだ。

既存の建物と新しく建築される建物を示した配置図を作り、その上での提案は大いに力強い。

たった三時間の設計時間にこれだけの内容を作り出したことを大いに評価したい。

dojo17-8_20.jpg


事務所部分のスケッチは省略……、モデルハウス部分のスケッチだ。

道路の向い側、大きな敷地に分断された小さなケーキの端のような三角形の敷地にモデルハウスを建設するというのも、なかなかユニークな提案だ。

そして、その内容……、彼が持論とする606のスタンダードな解に、これ又持論のガレージ、バイク庫、そして小屋を配するという計画に大いに感心した。

・ ・ ・ ・ ・

この鈴木岳紀氏は、秋山設計道場を構想し主催したわけだが、その設計力の進化はすばらしいものがある。

秋山設計道場が始ったのは、2009年1月、もうすぐ、まる9年ということになる。
このように師範代というべき人物まで生み出した道場生の進歩を大いに誇りにしたいと思う。

Posted by 秋山東一 @ November 6, 2017 11:50 PM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?