170730

秋山設計道場2017@宇都宮

BeV Standard , Event

dojo17-6_1.jpg.
「秋山設計道場2017」の第6回(いつも、6月は道場お休み……、7月が第6回となる)は、餃子でとみに有名な栃木県の宇都宮市だ。

7月25, 26日、その地の雄「ネキストホーム」の株式会社中村ハウジングでの開催だ。
社長の中村稔典氏は道場の常連、先日の北欧にもご一緒し、よーく存じ上げている方なのだ。今回、そのユニークな企業の実際を垣間見せていただくという大いなる機会であったのだ。

ネキストホームは住宅の設計施工を専業とする地域工務店だが、いわゆる注文住宅以外に、独自の規格型住宅を進めているというのが最大の特長なのだ。その実際はなかなか興味深いものであった。

今回の課題は、ネキストホーム・シティとでも呼べるような自社開発の一団地、小規模の規格型賃貸住宅群、モデルハウス二棟がある一画の小敷地、そこに平屋を経てるというものであった。

通常通り、ベーシックなパターンと下屋+小屋の組合わせとしてみた。


現場見学の途次立寄った、真岡市にある、遠藤新設計の久保講堂、外連味の無い好ましい建物であった。
IMG_7185.jpg

Posted by 秋山東一 @ July 30, 2017 02:21 PM | TrackBack (0)
Comments

今回の課題、モジュールというか……グリッドというか、寸法について考えさせられた。
今回大事に思ったのは、150の倍数、750、1500、3000、4500 の数字だ。きっと、それが生きてくるシステムが必要なんだと考えている。

Posted by: 秋山東一 @ July 31, 2017 06:11 PM
Post a comment









Remember personal info?