170315

New Turnout

MODEL RAILROAD

L1060916.jpg
railroad turnout とか、switch とか、日本語では分岐器なる名称だが、いわゆるポイントである。

軌間45mm、直線部分は450mm (調整用5916を含む)、曲線部分は半径1020mmの角度22.5˚ (5935に同じ) なのだ。

ひさしぶりに、aki's RAILROAD に4台のポイント、5976 (L分岐器) 5977 (R分岐器) が2台ずつが補充された。

今まで、左右3台づつ6台だったものが、一躍10台に拡充されたのだ。

これは aki's RAILROAD 複線化計画の一環なのだ。

複線化すると上り下り線2ヶ所に渡り線が必要になるが、それだけで4台のポイントが必要……、そうなると他に使えるポイントが2台ではいかにも心細い……というわけで、4台補充の儀と相成ったのだ。

レイアウトに左右同数というのはあり得ないのだが……、まぁ、いたしかたない。


これらは eBay からではなく、amazon.com でゲットなのだが、国外発送はしないということなので、米国在の義姉経由で到着した。こんなデッドストックが amazon.com にあるなんて驚いたが、Crazy Model Trains なるショップがマーケットプレイスで出店していたものだ。

Posted by 秋山東一 @ March 15, 2017 12:02 AM | TrackBack (0)
Comments

二つの分岐部分を繋げると、平行する直線部分の間隔は155.4mmとなります。
円形を形成する曲線路の半径が1020mmと1176mmなので間隔156mm……ほぼ同じです。というか、そのような設計のようです。

Posted by: 秋山東一 @ March 17, 2017 09:09 PM

「なんだか森友……」そんな大げさなものではありません。大人の言うことが全て正しいとは?と思い始めた入り口でした。
流石1番ゲージですね。見るからに重量感があります。二個を突き合わせると丁度複線間隔になるのでしょうか?

Posted by: go-shiyo @ March 17, 2017 08:04 PM
Post a comment









Remember personal info?