151113

White LABYRINTH|佳作

Architecture , Event , LEGO

LEGO_A4compe_11.jpgGALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)主催のレゴ・コンペ「32×32×32 ポッチのCube—ブロックで作る空間—」に応募していた「White LABYRINTH」が佳作に選ばれた。

審査結果発表
アイディアコンペ結果発表

このアイディアコンペ、集まった全体の作品を総括する形でデザインされるであろうと予想していたが、その通り……、最優秀賞、準優秀賞は小学生に決まった。

私の佳作は、いかにレゴが広範な人たちの支持を得ているかを証明する為……、Architecture Studio で遊ぶ専門家、最高齢……で選ばれたと考えている。

一次審査通過した71作品がギャラリーに展示されている。

First LEGO League で世界へ—子どもの好奇心に灯をつけるスイッチ—
2015.11.13 fri − 2016.1.28 thu 日・祝日休館/開館時間 10時〜18時(最終日は〜17時)


追記 151113

応募エントリー数168名、応募数159作品、一次審査通過71作品だそうだ。
受賞作は、最優秀賞・準優秀賞・優秀賞3作品、審査員特別賞5作品、そして、佳作8作品だ。

入選作を見ると、絶対的な量の差を感じるなぁ。やっぱり。みんな沢山のレゴを持っているな。

私の場合、まず、手元にあったレゴ Architecture Studio だけでやると限界を設定……、しかし、32×32×32 ポッチは大きかったのだ。したがって、スカスカな空間と相成った。まず、基礎となる板がない……、32×16の板を2枚探してきてどうにか……とか、潤沢なレゴを用意すれば、もっと充実した説得力のある空間ができたかな……と思うのだ。

Posted by 秋山東一 @ November 13, 2015 11:58 AM
Comments

そらさん、お祝いありがとうございます。

コンペは予想通りでありました。小学生の最優秀賞、私は佳作になるであろう……。とても面白く全体を見ています。
他の方々の作品を拝見し、自分自身がいかに職業的な意識と理屈におかされているのか……に気がつきましたです。もっとやわらかな脳の力が入用です。
そして、レゴの数量……これがないと出来ませんですね。

Posted by: 秋山東一 @ November 14, 2015 01:25 PM

佳作おめでとうございます!
ひときわ大人な魔宮ですね。
安野光雅『ふしぎなえ』を見ているときもそうですが、White LABYRINTHを歩いてみたくなりました。

そして、子どもたちの作品はカラフルで楽しいですね。

1月にヨーロッパへ行ったとき、乗り継ぎのヘルシンキ空港で、除雪車のレゴを買いました。
息子(37歳)へのお土産です。いくつになっても好きですね。

Posted by: そら @ November 14, 2015 09:16 AM