140111

発電用風車と笠ケ岳

Place

windmill_kasagatake_0.jpg
飛曇荘の宗亭氏から寒中見舞いがきた。その絵葉書がこれ……、「発電用風車と笠ケ岳」と題された写真家・内田 修氏の写真だ。

色とりどりの風車……大いに興味を持ち、宗亭氏に聞いてみた。

穂高連峰の主稜線、奥穂高岳と涸沢岳の鞍部「白出のコル」2996mにある穂高岳山荘の発電用風車とのこと……、風車の羽根はヘリコプター用とのこと……、この穂高岳山荘のエネルギー自給の試みは多岐にわたり、大いに面白いとのことであった。

そこまで行けない私だが、すぐにも、穂高岳山荘の自然エネルギー活用について記載された、山荘の85周年記念誌「天空の輝き」を送ってくださるとのこと……。

 ● 天空の輝き

Posted by 秋山東一 @ January 11, 2014 08:59 AM
Comments

shin さん、どうもです。
たしかに……、これは西からの風を受けて発電中です。このような小型風車と違って、大型の風車って発電機の方が風上って知った時はびっくりしました。

Posted by: 秋山東一 @ January 18, 2014 11:46 AM

この写真、見ようによっては巨大な扇風機が雲をどけているようにも見えて、可笑しいですね

Posted by: shin @ January 17, 2014 02:47 PM