050201

旧大沢家住宅

Architecture

kyu_osawake_1.jpg directions

習志野市藤崎にある森林公園内に、千葉県指定文化財「旧大沢家住宅」がある。
「房総の魅力500選」の一つでもあるそうだ。

近くにBe-h@usを計画中で、ちょっと時間があったので覗いてみた。

kyu_osawake_2.jpg


房総半島太平洋岸の長生村から、ここに移築復元したものとのこと。

房総に共通の特色を有したものなんだそうだ。なんだか、いただいたリーフレットの解説が専門的で難解、勉強不足で......。

創建は1664年ということだから、341年前ということか、かって名主を務めたという家とのことだ。

kyu_osawake_4.jpg大きな寄棟の茅葺き屋根、間口8間半、奥行き4間半という単純な矩形の平面だ。

南面と西面の二面は母屋よ半間の柱列があり、下屋を構成している。

堂々とし、素朴で単純なところ、好ましく感じる。

kyu_osawake_3.jpg


内部は、大きな土間とL字型の板の間、それに連なる畳と板敷きの四部屋がある。

この家には天井というものがどこにもなかった、全ての部屋は吹抜けで木組みが見える。

板の間に「でい」という表示があり、初見であった。「出居」と書き、土間に近い「間」とのこと。

map_2.gif

Posted by 秋山東一 @ February 1, 2005 08:28 AM
Comments