050109

ジャン・プルーヴェ展

Architecture , Event

jeanprouve_0.jpg

1月8日の土曜日午後、鎌倉の神奈川県立近代美術館にジャン・プルーヴェの展覧会、『20世紀デザインの異才ジャン・プルーヴェ「ものづくり」から建築家=エンジニアへ』に行ってきた。

ジャン・プルーヴェは何者という事前の知識のある人はともかく、突然、錆びた鉄板やアルミ波板を見せられた人はびっくりかもしれないな。
作品集でおなじみの家具、スティール製の脚やテーブルのフレームはともかく、6mx6mの工場製作のプレファブ住宅の実物や、アルミ製ルーバー、ボールト、丸窓の開いたアルミ製のパネルの実物の展示には驚いた。いくつもあった模型の類いは、その実物の迫力に圧倒されて刺身のつまにもならない。

いろいろ考えることがある。まずは。............展覧会は1月16日まで。

Posted by @ January 9, 2005 02:00 AM
Comments