040221

豊川のお線香屋さん

BARRACK finder

senkoya_040219_5.jpg昨年12月11日のエントリー「豊川稲荷の近くで」でレポートした線香屋さんの建物、外壁が「総ルーバー作り」という特異な外観をもった建物の秘密が解き明かされる時がきた。

senkoya_040219_6.jpg2月19日、午前11時豊橋駅頭に集合した一行4人、早速豊川の現場に向かった。
豊川の株式会社イトコー設計部の小林康弘さんの御手配で見学できることになったのだ。

そのお線香屋さん「松井線香」という。
昔は蚊取り線香、今は普通の線香を家内工業で製造しているとのことであった。2階に上がって内部からそのルーバーの仕掛けを見ることができた。
そのルーバーの役割は製造過程での陰干しの為の工夫とのこと、そのメンテナンスもご自身でなさっているとのことであった。

 実測スケッチ/040219

senkoya_040219_1.jpg

ルーバーは中間で止めるのはヒモがついている木札みないな木片を挟む。

senkoya_040219_2.jpg

senkoya_040219_7.jpg

senkoya_040219_8.jpg

Posted by @ February 21, 2004 07:50 PM
Comments