200531

秋山設計道場2020第5回@長野

BeV Standard

dojo20-5_11.jpg
今月、秋山設計道場2020の5回目「@長野」は先月に引き続き、On line、ZOOM で行われた。

ホスト工務店、北沢建築から提供された課題は、本拠地、伊那平からちょっと離れた茅野、そこでの住宅の計画であった。

JR中央線を茅野から諏訪へ、それにそって走る国道20号を右へ、中央線を見下ろす敷地がある。

dojo20-5_1.jpg


未だ若い家族、30代夫婦と子供二人が住む住宅だ。

敷地面積は150坪弱と恵まれており、道路から水路を渡ってのアプローチ、車2台の処理がまずやらねばならない処理だ。

私は定番パターン610を使ってみた。その周辺に要求のあった付加する機能を下屋として更生する。これは、その後怒るであろう変化、深化に対応するには賢い選択だ。

・ ・ ・ ・ ・

今回の ZOOM には、iPad と Pencil であたった。

これがなかなか快調、全員が共有する画面にペンシルで書き込みできるのは、非常に有効であったのだ。

・ ・ ・ ・ ・

前回の On line から、直接目の前で赤ペン指導が出来ない分、アナログその物の紙の上で添削したものを道場生諸氏に送り返すようにしている。


いつもの道場は「アウェイ・即日設計」だが、ホスト工務店の本拠地に乗込んでの体験はできないが、全国各地の道場生が On line で一堂に会するのは、一つの新しい道場のあり方であることを、2回にわたる道場で実感した。

即日設計は道場生各々が実践しており、事前に渡される与条件によってスケッチの作り方が変わってしまうのではないかと、私が思っていたのは杞憂であった。

来月6月は海外視察が中止となり、ZOOM 道場開催が予定されている。
7月は通常の道場、甲府の小澤建築工房だが……、楽しみである。


Posted by 秋山東一 @ May 31, 2020 10:42 AM | TrackBack (0)
Comments
Post a comment









Remember personal info?