181228

Märklin MAXI

MODEL RAILROAD

marklin_MAXI_logo_1.jpg


Märklin MAXI は1番ゲージ、軌間45mmで1/32という規格、そして全て Tinplate 製という独特のもの、他にはない唯一無二のものだ。

ARR (Aki RailRoad) は、全てが Märklin MAXI シリーズで構成されている。
それも、1940, 50年代の米国近代型という狭いジャンルに限定した鉄道だ。

Märklinは1番ゲージ規格の製造は続けているが、MAXI というブランドは製造していない、従って、新しい車両が発売されることはない。

eBay に出てくる旧車をを手に入れるしかないのだ。


ARR は、まぁ充足状態、今まで MAXI として販売された1940, 50年代の米国近代型車両は概ね手に入れたし、もう絶対必要な車両はない……。Santa Fe の F7の B があればうれしい……というところしかないのだ。

次なる展開はいかに……、考えているのだ。

IMG_9250.jpg


こんなものが英国からやってきた。

昆虫食を試そうとしているのではない、硬くて歯が欠ける。

こんなもので、次なる有意なる展開を目論んでおるのだ。

・ ・ ・ ・ ・

こんなものがあるのにびっくりしたのだが、1950年代には作られなくなったメカノ社の鉄道模型、Hornby 0-gauge のカプラー、連結器なのだ。

Progress Products なるメーカーの製品だ。

すでに存在しないものを維持していく部品を今もって供給しているメーカーがあるのに驚くが、この部品をうまく活かしていけないか……考えているのだ。


Posted by 秋山東一 @ December 28, 2018 11:33 AM | TrackBack (0)
Comments

go-shiyo さん、その通りです。
もう少し、鉄道の幅……軌間ではなく種類を……、米国近代型以外に拡げようと考えているのです。
よいお年を。

Posted by: 秋山東一 @ December 29, 2018 06:35 AM

夢と希望への連結器でしょうか?
良き師走と良き新年をお迎えください。

Posted by: go-shiyo @ December 28, 2018 07:04 PM
Post a comment









Remember personal info?